松本有記クリニック > 治療内容 > 漢方薬について

漢方薬について

◆ 漢方薬とは ◆
漢方薬には大きく分けて、
・煎じ薬
・顆粒状または粉末状になったエキス剤
と呼ばれるものとがあり、その両方を取り扱っております。
その材料は全て「生薬」と呼ばれる自然のもので、植物・動物・鉱物由来のもの・・・実に多種多様です。
◆ 当院の漢方薬 ◆
当院では自費診療という特徴を生かし、保険適用外の様々な漢方を取り扱っており、出来うる限り、高品質の生薬を取り揃えています。 保険の枠内では、使う生薬の種類にも限界があり、満足のいく治療をするには限界を感じておりました。

当院としては満足のいく結果を出すために多種多様の生薬を取り揃え、特にその品質にもこだわっています。約400種類の生薬や顆粒・粉薬の漢方薬を駆使して、個人に合わせた独自の処方をしております。

当院で多くの方にお出ししている≪煎じ薬≫は、生薬に水を加えグツグツと煮出して服用するものです。本来、漢方薬の基本とはこの煎じ薬の事を言います。
通常、苦いイメージをもたれる漢方薬ですが、当院の煎じ薬は灰汁(アク)がなかったり、飲みやすいとご好評頂いております。これは、良質の生薬を使っているからこそ出来る事です。また実際、自分のからだに合った漢方薬だとあまり苦いと感じず、美味しく感じることも多い様です。

ひとりひとりの方へ、より症状やお悩みにピッタリと合った漢方をご提供できます様、今後とも取り組んで参りたいと思っています。